立憲民主党の減税で彼方此方どんどんザクザク削除されて、悲鳴を上げる日本人のアニメーションの怪獣の茨城編(5)

日本経済新聞の令和2年9月16日の記事「消費税減税 国会で訴え 立憲・枝野氏」と出ていました。また、DIAMOND onlineの2020年9月19日の記事「新しい野党勢力は「消費減税」論議への大きな転換点になるか」で「合流新党結成と代表選を境に、少なくとも減税勢力へと転換を始めたということである。」と書いてあります。また、年収1000万以下も減税です。減税だらけです。減税でお金を減らすということですね。お金が減ったら、削減しなければ、いけません。立憲の前の民主党のコンクリートから人へのように彼方此方どんどんザクザクとお金を削らなければいけません。減税は彼方此方どんどんザクザクと削除する小さな政府ですね。そこで立憲民主党の怪獣の炎によって、彼方此方どんどんザクザク削除されて、悲鳴を上げる日本人のアニメーションを作ることにしました。立憲民主党の怪獣が減税の火を吹いて減税で日本各地を焼き尽くすアニメーションです。立憲民主党の怪獣が減税の炎で茨城を焼き尽くして茨城人が苦しんで叫びをあげる場面が完成して立憲民主党の怪獣が減税の炎で茨城を焼き尽くすアニメーションが完成しました。それではアニメーションの最後の場面の絵を乗っけて置きます。

f:id:nihonnihonnihon:20210118220429j:plain